2023.12.02 Saturday

セキララブログ

2023-06-27 10:00:00

【結婚せきらら白書】52歳男性(新潟市南区在住)の場合⑤

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

◆Kさん52歳男性(新潟市南区在住)の場合⑤

 

 

家族.jpg

 今回は出会いから入籍まで1年半のカップルにお話を伺いました。女性は再婚で、前回の結婚にトラウマがあります。また、お二人の気持ちが固まってからもご家族のこと、親族のことなどで入籍が延期になったり…といろいろありましたが最後はうまくまとまりました。

 

からの続き) 

 

小林:ビジネスではなく、ずっと続く人間関係は時間が解決してくれることもたくさんありますから。

 

Kさん:いやー、結婚って本当に当人同士だけではないですもんね。

 

小林:そうですね、「そういうのが嫌だ」という方もいらっしゃいますが、やっぱり助け合いというか、必要ですし、親しいからこそトラブルが出てくるのですがそれをみんなでうまく解決するというのが大事ですよね。みんなが丸く収まるように協調し合うというか…

 

Kさん:自分は甥っ子がいて、同居していたのですが…

 

小林:そうですよね、いろいろ事情があって同居なさっていたのですよね。

 

Kさん:はい。生まれた時から見てますし、両親も可愛がってましたし、実際いいやつなんですけど…

 

小林:ご両親の介護もお手伝いしてくれていたのですよね。

 

Kさん:そうなんです。彼が高校生の時でした。ちょうど家を新築したんで綺麗な家が居心地良かったんだと思うんですけど、住み着いてしまったんです。その時は両親も喜んでいたし、自分もちょっとした介護とか助かってたし、彼の両親は何も言わないし…で丸くおさまってたんですけど…

 

 

(続く)

 

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

2023-06-20 10:00:00

【結婚せきらら白書】52歳男性(新潟市南区在住)の場合④

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

◆Kさん52歳男性(新潟市南区在住)の場合④

 

 

家族.jpg

 今回は出会いから入籍まで1年半のカップルにお話を伺いました。女性は再婚で、前回の結婚にトラウマがあります。また、お二人の気持ちが固まってからもご家族のこと、親族のことなどで入籍が延期になったり…といろいろありましたが最後はうまくまとまりました。

 

(③からの続き) 

 

Kさん:でもそれってどうしたらいいのでしょう?

 

小林:こういうのはお互い歩み寄りが大事ですし、まず新婚の時は2人でアパートなどで生活してみてその間にご両親含めて家族ぐるみで仲良くなっていくのがおすすめです。

 

Kさん:そうなんですね。

 

小林:女性だって、いくら好きになった人のご両親でもいきなり「家族!」とはなれませんから何度も顔を合わせて仲を深めていくのが大切です。

 

Kさん:なるほど…

 

小林:この辺の段取りはお互いが気を遣い合って「買い物の帰りにちょっと実家に顔を出そう」とかお土産を置きにいくとか、何かと理由をつけて短い時間でいいので回数を重ねることが大事です。面倒くさがる男性が多いですから、男性は特に気をつけた方がいいですよ。

 

Kさん:そうか、うちも奥さんの実家に気を遣った方が良さそうですね。

 

小林:そうですよ!で、これは「相手の実家に行こう」というのがポイントです。「自分の実家に行こう」とばかり言うと「うちの実家は…?」とモヤモヤしてしまいますから。

 

(続く)

 

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

2023-06-13 10:00:00

【結婚せきらら白書】52歳男性(新潟市南区在住)の場合③

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

◆Kさん52歳男性(新潟市南区在住)の場合③

 

 

家族.jpg

 今回は出会いから入籍まで1年半のカップルにお話を伺いました。女性は再婚で、前回の結婚にトラウマがあります。また、お二人の気持ちが固まってからもご家族のこと、親族のことなどで入籍が延期になったり…といろいろありましたが最後はうまくまとまりました。

 

(②からの続き) 

小林:やっぱりご長男として、子供を残したい、ご両親のお世話もしたい、というのでいっぱいいっぱいになっていましたよね。

 

Kさん:はい…。両親は「おまえの好きなようにしなさい」と言っていましたが、やはり期待はしているんだろうなぁと思うと、ねぇ。親戚とかからも言われてましたし…。

 

小林:「そういう時代じゃない」と頭でわかっていても実際は親戚関係の濃密な地域などでは根強く残っていますよね。

 

Kさん:自分で言うのもなんですが、いい親だったんでね(笑)なおさら…

 

小林:そうですね、Kさんのお話をお伺いしていると周りの皆さん全員思いやりがあって良い方ばかりですよね。

 

Kさん:嫌な人がいないからなおさら自分の結婚にがんじがらめになった気もしますが(笑)

 

小林:そう!いくら良い人でも一緒に住むのはちょっと…という女性が圧倒的多数です。

 

(続く)

 

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

2023-06-06 10:00:00

【結婚せきらら白書】52歳男性(新潟市南区在住)の場合②

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

◆Kさん52歳男性(新潟市南区在住)の場合②

 

 

家族.jpg

 今回は出会いから入籍まで1年半のカップルにお話を伺いました。女性は再婚で、前回の結婚にトラウマがあります。また、お二人の気持ちが固まってからもご家族のこと、親族のことなどで入籍が延期になったり…といろいろありましたが最後はうまくまとまりました。

 

からの続き) 

小林:当時は家族構成も違って、お父様お母様もご健在でしたし、お家も6年の間に新築しましたしね…!

 

Kさん:そうでしたね。両親に奥さんを紹介できなかったのが心残りです。

 

小林:本当にそうですね。Kさんは介護にも一生懸命取り組んで本当に立派でしたし、きっとご両親もKさんのご結婚を喜んでいらっしゃいますよ。

 

Kさん:そうだといいのですか…

 

小林:当時は「同居希望」で婚活なさっていましたし苦戦しましたよね。

 

Kさん:そうですね、「同居希望の婚活は難しいよ」と言われていましたし、年齢も44歳だったので子供を残すという選択肢もまだあって、正直苦しかったです(笑)

 

(続く)

 

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

2023-05-30 10:00:00

【結婚せきらら白書】52歳男性(新潟市南区在住)の場合①

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

◆Kさん52歳男性(新潟市南区在住)の場合①

 

 

家族.jpg

 今回は出会いから入籍まで1年半のカップルにお話を伺いました。女性は再婚で、前回の結婚にトラウマがあります。また、お二人の気持ちが固まってからもご家族のこと、親族のことなどで入籍が延期になったり…といろいろありましたが最後はうまくまとまりました。

 

 

小林:Kさん、こんにちは。今日はよろしくお願いします!

 

Kさん:ご無沙汰しています。こちらこそ、お役に立てるといいのですが…

 

小林:いやー、いろいろありましたね(笑)Kさんが今幸せそうで何よりです。

 

Kさん:はい(笑)6年在籍しましたからね(笑)

 

小林:そうですね〜6年…毎月通ってくださって。来られなくなってからこちらもぽっかり穴が空いた気分です(笑)

 

Kさん:そうですよね、入会した時は44歳だったと思います。新聞の折込チラシを見て電話していなければ奥さんに出会えていなかったと思うと今でもゾッとします。

 

小林:そうでしたか、44歳でしたよね。今日はせっかくなんで当時から振り返りますか!当時の資料も準備してあります!

 

Kさん:え…長そうですね(笑)

 

(続く)

 

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...