2019.09.18 Wednesday

結婚せきらら白書

2018-11-26 15:50:00

【結婚せきらら白書】38歳女性(新潟市秋葉区在住)の場合⑤

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

 

◆Mさん38歳女性(新潟市秋葉区在住)の場合⑤

 DSC_0794_2.jpg

今回は38歳の時に入会したMさんにお話を伺いました。彼女は離婚歴が一度あり、小学生のお子様が一人いらっしゃいます。Mさんは入会後5ヶ月で結婚を決めて退会しました。

 

からの続き)

Mさん:でも、それまで女性的なそういうのを捨ててっていうと変ですが、意識せずにとにかく生活で必死だったから、何から始めたらいいかわからなくて…。それで親から聞いてこちらに電話しました(笑)

 

小林:ありがとうございます。

 

Mさん:ほんと、漠然と「結婚しよう」っていうかこれから一緒にいられるパートナーを見つけようって思ったけど、何をどうしたら出会えるんだ?っていう、ね。それで小林さんに出会いから全部お任せして…。

 

小林:そうですね。確かに全くそういう出会いから遠のいていましたから逆に新鮮だったんじゃないですか?というか、Mさんの選択はとても良かったと思います。

 

Mさん:えー?

 

小林:お友達の紹介とか、婚活パーティーとか、そういうのって意外と時間がかかるんですよね。出会ったとして、そこからまず恋愛をするわけですよね。それって子育てをしながら働きながらって大変ですよ。

 

Mさん:確かに。確かに。

 

小林:Mさん、入会の時に「これからずっと一緒に居られるようなパートナーがほしい」っておっしゃったように、うちの会員さんはみなさん「結婚したい」っていうのが一番にあるので、関係が明朗です(笑)変に恋愛の駆け引きとかする必要もないですし、仲人が間に入っているので自然消滅っていうこともないです。

 

Mさん:あー、確かに。

 

 

(続く)

 

 

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

2018-11-19 16:37:00

【結婚せきらら白書】38歳女性(新潟市秋葉区在住)の場合④

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

 

◆Mさん38歳女性(新潟市秋葉区在住)の場合④

 DSC_0794_2.jpg

今回は38歳の時に入会したMさんにお話を伺いました。彼女は離婚歴が一度あり、小学生のお子様が一人いらっしゃいます。Mさんは入会後5ヶ月で結婚を決めて退会しました。

 

(③からの続き)

Mさん:それで必死だったけど、ずっと楽しかったっていうのがあって、子供にも伝わってるといいな、と思います。お父さんのいない時期が長くて寂しい思いさせちゃってるかもっていう心配もあったけど、でも自分で言うのも変だけど素直で優しい子に、今のところ育ってるかなぁーって(笑)

 

小林:見ていてそんな感じがしますね。

 

Mさん:もちろん、両親からたくさん手伝ってもらって子育てしています。それは本当に感謝。

 

小林:お子さんにもそういう愛情が伝わっているのでしょうね。で、うちにお電話いただいたのが38歳の時ですが、それはまた急になぜ結婚したい!となったのですか?

 

Mさん:それが…。子供の1/2成人式って知ってます?

 

小林:あー!聞いたことあります。

 

Mさん:子供が10歳の時にクラスであって、子供が作文読むんですよ。それで私泣いちゃって。それまでのことがグルグルと思い出されて、ね。あー、頑張って良かったっていう気持ちと、この子はこれから大人になるわけで、私の手からどんどん離れていくでしょ。それを寂しがっちゃいけないなっていうか、私が依存してちゃいけないなって。なぜかそう思っちゃったんです。

 

小林:へー。きっとMさんにしかわからない特別な感情ですね。

 

Mさん:うん、そうかもしれません。

 

小林:それで「結婚しよう!」ってなったのですね。

 

Mさん:ええ、まあ簡単にいうとそうです(笑)

 

(続く)

 

 

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

2018-11-12 13:20:00

【結婚せきらら白書】38歳女性(新潟市秋葉区在住)の場合③

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

 

◆Mさん38歳女性(新潟市秋葉区在住)の場合③

 DSC_0794_2.jpg

今回は38歳の時に入会したMさんにお話を伺いました。彼女は離婚歴が一度あり、小学生のお子様が一人いらっしゃいます。Mさんは入会後5ヶ月で結婚を決めて退会しました。

 

からの続き)

Mさん:ちょうど仕事の復職とか保育園とかやることがたくさんあって、彼が全然頼りにならないってなった時に冷めましたね。

 

小林:なるほど…。でも離婚は結婚よりも体力がいるって言いますよね。

 

Mさん:ほんとそう。親戚とかね(笑)もう大変だった。なんか後ろめたいっていうか、悪いことしてるわけじゃないのに、でも子供にとって本当に良い決断だったんだろうか?とか。ぐるぐると葛藤がありました。

 

小林:そうなんだ…。でも何度かお会いしましたがお子様はママっ子ですね!

 

Mさん:おかげさまで(笑)それだけが頼りっていうか。あの子がいたから色々頑張れた気がします。

 

小林:離婚なさってからしばらく期間がありますが…

 

Mさん:もうね、育てるのに必死。自分のことなんて全く考えられなかったですね。その辺が離婚前に考えてた生活と現実の生活の違いですかね(笑)一生懸命働いて家事して子供育てて、子供が寝た後自分もすぐ寝ちゃうから自分の時間なんてなかったです。それであっという間でしたね(笑)

 

 

 

(続く)

 

 

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

2018-11-05 16:35:00

【結婚せきらら白書】38歳女性(新潟市秋葉区在住)の場合②

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

 

◆Mさん38歳女性(新潟市秋葉区在住)の場合②

 DSC_0794_2.jpg

今回は38歳の時に入会したMさんにお話を伺いました。彼女は離婚歴が一度あり、小学生のお子様が一人いらっしゃいます。Mさんは入会後5ヶ月で結婚を決めて退会しました。

 

 (からの続き)

Mさん:27歳の時に出会ってすぐ結婚しましたね。それですぐ別れちゃった(笑)

 

小林:おいくつで?

 

Mさん:28の時に子供を産んで、4歳になる前だから、31のとき。

 

小林:Mさんは結構サバサバとしていて物事をテキパキと決めていくイメージがありますが、離婚を決断する時ってどんな感じだったのですか?

 

Mさん:うーん、子供の育て方っていうか、そういうので価値観?が違うなって。前の人は「なるようになるさ」って感じの人。良く言えばね。そんな感じだったから家の中に2人子供がいるって感じになっちゃって。そういうのが微笑ましいってよく聞くじゃないですか?でも私にはそうは思えなくて、もっと頼りたかったし、何かを決める時いつも私が指示を出して「これやっておけばいいの?」みたいな感じで彼から言われるんです。そういうの自分で考えられないのかな…。っていうのが積み重なって…

 

小林:主体性がなかった?

 

Mさん:そうそう、そんな感じです。全てやらされてる感を出してくるから、こっちもイライラして…。子供に悪影響かなって。

 

小林:よく聞くのが、家事とか「手伝おうか?」って聞かれるのに腹が立つって。いつの間にか女の人の仕事みたいになっちゃって。そうじゃなくて2人の仕事だよ。っていうのは男の人はわかっていないといけませんよね。

 

Mさん:ほんとそう。あーだんだん思い出してきた(笑)

  

(続く)

 

 

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

1