2020.10.01 Thursday

結婚せきらら白書

2019-03-04 16:53:00

【結婚せきらら白書】42歳男性(新潟市中央区在住)の場合⑤

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

 

◆Kさん42歳男性(新潟市中央区在住)の場合⑤

 websize.jpg

今回は昨年春に入会して半年で現在の彼女と出会い、結婚に向けて具体的に話を進めている男性にお話を伺いました。

 

からの続き)

 

Kさん:そうですよね、ここが緊張するところですよね。

 

小林:はい、大事なところですので、しっかり決めてきてください!

 

Kさん:自分の実家にもそういうのを正式にした方がいいですか?

 

小林:ご両親にきっちりお話が通っているのであれば、おそらくご両親は「お嫁にもらう」という気持ちでしょうから、彼女が正装をして伺うというのはいらないかと思います。

 

Kさん:そうですか。

 

小林:その後、両家顔合わせというのがあります。結納の代わりにちょっと良い料亭などで食事をするケースが多いようです。もちろん結納を行うご家庭もありますので、この辺はご実家でよくご相談ください。

 

Kさん:なんか、山ほどありますね(笑)

 

小林:はい。全てお二人のために両家が動くわけですから、Kさんがしっかりリードする必要があるのですが、もちろん彼女と相談しながら、また分担しながら、ですね。

 

Kさん:そうですか…

 

小林:また、両家顔合わせなどは、新郎側の家族が仕切る、というご家庭もありますので誰がどのように負担するのかは事前にご実家でよく相談するのがよろしいです。もちろん彼女とも密にコミュニケーションをとっていてくださいね。この時期が大事です。

 

 

 

 

(続く)

 

 

**************************************

  

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら