2018.11.19 Monday

結婚せきらら白書

2018-01-29 12:13:00

【結婚せきらら白書】34歳女性(新潟市秋葉区)の場合⑧

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

◆Tさん34歳女性(秋葉区)の場合⑧

DSC_0599.JPG

今回は2年前に長岡市から秋葉区に嫁いだ女性にお話をお伺いしました。

 

 (からの続き)

 Tさん:その日は、空気の悪いまま家に戻って、いろいろ考えていくうちに、単純に「彼が大切だ」っていう事と、「彼も私を見定めている」っていう事に気づきました。私だけが見定めているんじゃなくて、お互いが見定めている…この表現伝わりますか?

 

小林:わかります、わかります。それまでは自分が選ぶ立場だと思っていたのに、急に別れ話を切り出されて、「あ、彼も私を選ぶかどうか決める権利があるんだ」って気づくパターンですね。

 

Tさん:そうそう、なんか勝手にこちらに選ぶ権利があって彼にはない。みたいに思っていたんでしょうね。今考えるととても図々しいですけど。

 

小林: でも、気付けてよかったですね!

 

Tさん:まあ、これは小林さんに相談した時に言われた事なんですけどね。

 

小林:でも実践したのはTさんですから!

 

Tさん:それからは、彼の気持ちも大事に考えるようになりました(笑)

 

小林:当たり前の事が気付けなくなるってことが、けっこうあるんですよね。

 

Tさん:はい、ほんと小林さんのように言ってくれる人がいてよかったです。

 

小林:いやいや、そんな、ありがとうございます。

 

Tさん:まあ、目標よりは少し遅くなりましたが、あまり上ばかり見すぎずに楽しく過ごしています(笑)

 

小林:これからも末長くお幸せに!

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら