2018.10.22 Monday

結婚せきらら白書

2018-07-09 12:59:00

【結婚せきらら白書】42歳女性( 阿賀野市在住)の場合②

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

 

◆Mさん42歳女性(阿賀野市在住)の場合②

DSC_0914.jpg

 今回は40歳を迎え婚活を始め、1年で結婚を決めた女性(Mさん)からお話を伺いました。

お相手は7歳年上の男性です。2人は一度交際を破談にしていますが、しばらくしてもう一度Mさんから交際を申し込み、めでたくゴールインしました。

 

 (からの続き)

小林:同居といっても、同じ敷地内に家を建設中なんですよね?

 

Mさん:そうなんです。田舎なんで土地は広くて…。お義父さんもお義母さんもとっても良い方で、助かっています。初めは近くにアパートでも借りたら?とおっしゃってくれたんですが、彼が反対して…。「住むところがあるのになんでわざわざ借りなきゃなんだ」って。それで、ね、ちょっと合わないかも…ってなりましたね、正直。

 

小林:それが原因で一度交際終了していますものね。

 

Mさん:そうなんです。交際4ヶ月目くらいで。交際し始めて、気が合うっていうか、一緒にいて楽しい人だなっていうのと、年の割に若く見える人なので年齢もあんまり気にならないし、っていうか年齢は人のこと言えないし、むしろこちらの年齢のことで「子供できないかもよ?」っていうのは初めの段階で伝えていて、そんなことは全く気にしていないって言ってくれたので、安心して…。この人と結婚するのかなーなんて思い始めていたころで…。

 

小林:けっこうスムーズに交際が進んでいましたもんね。

 

Mさん:はい。それで、お互いの家に挨拶ってわけじゃないけど、「交際しています」的な挨拶?をして…。

 

小林:家族ぐるみの交際になってきたんですよね。

 

Mさん:はい、でもまだ結婚という具体的な話は無く…。

 

 

(続く)

 

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら