結婚せきらら白書

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

◆Tさん30歳女性(西区)の場合①

 DSC_1012 (1).jpg

 お花見シーズンは短く儚いですね^^; 新潟はこれから本格的に暖かく、行楽シーズンです!デートの計画も立てやすいですね。

さて、Tさんは30歳のうちに結婚を決めたいとご入会した女性です。何度か男性と交際をしましたが、結婚に踏み切れず現在婚活を中断しています。

 

 

 

小林:Tさん、こんにちは!今日はよろしくお願いします!

 

Tさん:こんにちはー。こちらこそよろしくお願いします。

 

小林:すっかり暖かくなって、お出かけ日和ですね。最近はいかがお過ごしですか?

 

Tさん:そうですね、桜もピークちょっと過ぎたくらいですもんね。最近は…。特に何にもしていない…っていう感じですかね(笑)前の彼と別れてから、何にもやる気にならなくて…。はぁ…。

 

小林:けっこう具体的にお話が進んでいましたものね…。

 

Tさん:はい。結果的に振られる感じになりましたし、なんか上手くいかないなぁ…って感じです。30歳のうちに結婚しなかったらもういいやって思ってます。一人でも楽しく生きていけそうですし。そういうことで悩むのも嫌ですし。

 

小林: そうですか…。女性の30歳って分岐点ですよね、いろんなことを具体的に現実的に考えますし。でも、残りの人生、もしかしたらあと60年くらい続くかもしれませんよ?それでもこの30歳〜40歳までの10年、まあ、子供を産めると言われている10年は取り返せないですからねー。あまり決め打ちせずに(笑)

 

Tさん:うーん。確かに…。でもピンとこないなぁ…。

 

(続く)

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

 


新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

◆Aさん37歳女性(秋葉区)の場合③

 5056230337_05d7048a57_z.jpg

 

からの続き) 

 

Aさん:実は、いままで、何にも行動に移していないのに、いろいろ頭で考えて疲れて諦めてきたっていう感じなんです。いいなーって思った人にも「きっと彼女いるんだろうな」とか話しかけもしないで勝手に決めつけて…。っていうか、どうやって男の人と仲良くなるのかわからない…。

 

小林:そうですねぇ。まずは男性のお友達を作ってみるのはいかがですか?一度、街コンなどに参加してみるのもいいかもしれませんね。

 

Aさん:行ったことあります。お友達に誘われて。お友達はいろんな人と連絡先交換とかしていてその後も交際していましたが、わたしは全然…。まず、場に慣れなくて「帰りたい」ってずーっと思っていました。

 

小林:そうでしたか…。それでは、ここでセッティングしましょう!ここだったら何度もいらっしゃっているから緊張しないでしょう?わたしもずっと居ますので、まずはここでお相手とお話してみませんか?

 

Aさん:そうですね…。それだったらあまり緊張しないでお話できるかも…。

 

小林:Aさんが「会ってみたい」と思う人にお申し込みしましょう。オッケーがきましたら、お見合い日まで服を選んだり、お化粧も少し華やかにしてみたり、一緒に買い物に行きましょうか!

 

Aさん:えー、そんなことしたことないから…。伊勢丹とかですか?

 

小林: はい。一緒に伊勢丹行きましょう。その前にまず、「素敵!」と思える男性にお申し込みですね。

 

Aさん:わかりました。じゃあ、今、お見合いお申し込みしていきます。

 

 

 

**************************************

 

一歩踏み出してみると、意外とトントン拍子に進んだりするものです。そのバックアップをさせてもらいます! 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

 


新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

◆Aさん37歳女性(秋葉区)の場合②

 

 5056230337_05d7048a57_z.jpg

 

からの続き) 

 

小林:彼は「Aさん」とお会いしてみたいのですよ。プロフィールを見て、「Aさん」を選んだんです。そんな風に言ったら彼がかわいそうですよー。

 

Aさん:え、かわいそう…?

 

小林:はい。だって、Aさんも幸せな結婚をしたくて入会しているのですよね。彼だって同じです。真剣にプロフィール見てましたよ。それなのに「自分より似合う女性がいると思う」なんて言ったら、それは体良くお断りしているみたいじゃないですか。でもそうじゃないんですよね?

 

Aさん:え、ぜんぜん!断るだなんて…。

 

小林:もっと自信を持ってください!Aさんとってもお綺麗ですし、穏やかな雰囲気ですし、もっとこう、胸を張って向き合って見てください!

 

Aさん:いえいえ、ぜんぜん綺麗じゃないですし…。わたし男性とお付き合いしたことないんです。結婚して子供が欲しいとは思うのですが、現実的じゃないっていうか、怖いっていうか…。それで小林さんにお願いしようと思って…。

 

小林: はい。もちろん全面的にご協力しますよ!でもそれにはAさんの勇気も必要です!

 

Aさん:はい…。そうですよね…。

 

 

(続く)

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

 


新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

◆Aさん37歳女性(秋葉区)の場合①

 5056230337_05d7048a57_z.jpg

 

いよいよ暖かくなってきましたね!春のせいか、会員のみなさんは積極的です。この調子で年内にはゴールイン❤︎できるよう、わたしも張り切っています!

今回のせきららは、秋葉区在住の女性Aさんです。Aさんはとても容姿の綺麗な女性ですが今まで男性との交際経験がなく、臆病になっている方です。一歩踏み込む勇気が持てないまま今に至っています。

 

 

小林:Aさんこんにちは!今日はよろしくお願いします。

 

Aさん:こんにちは。こちらこそよろしくお願いします。

 

小林:この前お申し込みのあった男性、いかがですか?会ってみる気になりましたか?

 

Aさん:え、うーん。やっぱりやめておこうかなと思いまして…。

 

小林:え!そうなんですか…?なにか、気になるところがありましたか?

 

Aさん:いや、その、特に…。すごくいいと思うのですが、なんで私なんかに申し込んだんだろう…。って思います。

 

小林: え…!

 

Aさん:もっとお似合いの人いると思うんですけど…。なんで私なんだろう。って…。

 

小林:…。

 

(続く)

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

 


新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

Kさん65歳男性(加茂市)の場合②

 DSC_0243.jpg

 (からの続き)

 

 

小林:10年前に離婚なさっていますが、当時のことはお伺いしてもいいですか?

 

Kさん:うん。まぁ、ね、仕事人間だったからさ、家庭は女房任せだったんだよね。家は女性が守るものっていうね。それで僕の親父の介護が必要になって、それも全部女房任せで、それが当たり前って言ったら怒られるけど、そう思ってたんだよ。バカでしょ?愛想尽かされちゃってね。ちょうど親父が亡くなって1年して三行半突き付けられました。子供も2人とも女房について行っちゃった。僕はずっとね、男は稼いでくればいいと思ってたんだね。一人になってみると何にもできない。惨めだよね、男って。あとね、寂しさも耐えられないよ(笑)

 

小林:不満が溜まりに溜まってしまった奥様が爆発した、という感じでしょうか。

 

Kさん:そうだね。後で考えると会話もほとんど無かったしね。でも僕はそれについて何にも思っていなかった。まさかそんなに思い詰めていたなんて、全然わからなかったんだよ。バカでしょ?

 

小林:いえ、慣れてしまっていたんですね。

 

Kさん:そう。それから変な話だけど、人が何を考えているかを考えるようになったよ。

 

小林: 思いやりというやつですね。

 

Kさん:そう(笑)今まで、人の気持ちなんて考えてなかったんだなって、反省しましたよ。これからは穏やかに相手をいたわりながら暮らしていけたらなって思っています。

 

小林:素敵ですね。お互いが思いやりを持ってこれからの人生を支え合えるパートナーを見つけましょう!

 

Kさん:うん。僕も頑張るからさ、小林さん、頼むよ!

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...