結婚せきらら白書

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。みなさまの今後の結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

◆Sさん35歳女性(新潟市東区在住)の場合③

 R0010323.JPG

 小林:その、一緒に婚活をしていた女性のお友達はみなさんどんな感じでしたか?

 

 Sさん:うーん。けっこうみんな積極的でしたよ。LINEでグループ作ってパーティーの情報交換したり、飲みに行って作戦立てたり。私のまわりは明るい元気な独身女子が多かったし、女の子だけで飲んだりするのが楽しかったです。婚活については、やっぱり「女性優位」みたいな風潮ありませんか?女性の方が「選んでる」感じはありました。それでちょっと感覚おかしくなっちゃって、付き合っていてもちょっと嫌な部分が見えたら「はい、さようなら」みたいに取っ替え引っ替えしてる子もいましたよ。私が一番年上ってのもありましたが、まだみんな結婚してませんね。根はいい子たちばっかりです!

 

小林:なるほどー。そんな彼女たちにアドバイスはありますか?

 

Sさん:ないないないないない!そんなアドバイスなんてめっそうもないです。(笑)

 

小林:いやいや(笑)匿名ですし、何よりこれを読んでくれている方も求めています!

 

Sさん:そ、そう…?うーん。「結婚は妥協」っていうでしょ?「許し合い」っていうか許容範囲を広げるっていうか…。死ぬまで一緒にいる人だから、「経済力」「優しさ」「向上心」「金銭感覚」「会話の面白さ」「家族構成」「かしこさ」「かっこいい方がいい」「太らないでほしい」「ハゲないでほしい」とか、条件を挙げれば本当にきりがなくて、感覚としてはなにか高い買い物をする気分になってしまいがちでしょ?私はそんな感じでした。今考えると、30歳手前のころはいい気になってましたねぇ。

 

小林:取っ替え引っ替えしてた時期ですね。

 

Sさん:そうです。(笑) でも、一回ふられたんですよ。ほんと、特に取り柄もなくて普通の男性でしたけど、急にふられました。ショックでしたよ。追いすがろうかと思いましたけど、やめました。なんか彼に振られたことじゃなくて、何かがショックで。否定された感じ?そこで反省しましたね。その彼とはその後一切連絡とってませんが。(笑) 「私は彼から選ばれなかった」って気付いた時、ようやく謙虚な気持ちが芽生えました。遅いっつーのね。思いやりとかって幼稚園の時とかはあったはずなのに、いつの間にか自分の事しか考えないようになってたんだなー。とかも思いました。

 

小林:大きな転換期ですね。

 

Sさん:そうですね(笑)それで、人への接し方が変わった気がします。まあ、相変わらず「婚活」は続けるのですが(笑)ちゃんと向き合おうと努力はするようになりました。それで紆余曲折あって今の旦那さんに出会えました。

 

小林:なるほど!今日はとってもリアルなお話ありがとうございました。

 

***************************************

 

Sさんの赤裸々な婚活体験談でした。婚活女子のリアルな感情ですね。婚活にはまってしまい、選びすぎて婚期を逃すというのはよくある話です。Sさんのようにショッキングな出来事(普通の男性にふられる)があり、自力で抜け出せればいいのですが、そうでないと迷走したまま時間だけが過ぎてしまいます。「私の婚活、迷走しているかも…」と感じた方は、一度ご相談ください。

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちらから


新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。みなさまの今後の結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

◆Sさん35歳女性(新潟市東区在住)の場合②

 konnkatu1 (1).jpg

小林:30歳前後の婚活って、具体的にどんな感じでしたか?

 

Sさん:「婚活トモダチ」が3人くらいいて、新潟市の婚活パーティーに行ったりしてました。遊び半分って言ったらアレですが、軽い気持ちでよく出かけていましたね。出会いはけっこうあったように思いますが、ピンとこなかったんです。ただ、いろんな男の人と出会いましたよ(笑)

 

小林:へぇー。男性のだいたいの傾向とかってありましたか?

 

Sさん:うーん。デート上手な男の人がモテるっていうじゃないですか。「デート上手」って女の子の扱いに慣れた人でしょ?それより、「気遣い上手」の人に惹かれましたね。人との接し方に慣れた人っていうんですか。女性経験云々よりも、男女問わずコミュニケーション能力に長けた人。コミュニケーションって言ってもただ喋るだけではなく、やっぱり「気遣い」のできる人。あ、なんかわたし偉そうに喋ってますね(笑)

 

小林:いえいえ、全然そんなことないです。すごく参考になります。

 

Sさん:そうかな…自分を棚に上げている感じしますが…でも匿名だし、いっか!じゃあ続けますね(笑)「気遣い上手な人」あんまりいませんでしたから。「気遣い」しすぎて全然喋らない人とか。こっちに全部判断を押し付ける人とか。正直イライラすることもありましたよ。すごく図々しいのですが、やっぱり女性は「言わなくてもわかってほしい」じゃないですか。デートコースとかも、さりげなく用意してほしいじゃないですか?でもそういう人ってモテるから結婚も早いじゃないですか!!(笑)

 

小林:(笑)Sさんの印象って、けっこう派手目で、サバサバしていて、「男なんて星の数ほどいるし!」みたいな感じでしたけど(失礼!)やっぱり最終的には男性にリードしてもらいたいのですね。

 

Sさん:そうですね(笑)「結局わたしが手のひらで転がされてました」みたいなのがいいんです。今の旦那さんはそういう人です。

 

小林:完全にこちらが寄りかかれる、人間としての器の大きさですね。わかります。

 

 

***************************************

 

一旦切り上げますね。なんだか、婚活においては男性に求められる事がなにかと多い気がします。婚活パーティーの料金なんかに顕著ですよね。話は変わって、日本人男女50歳での独身率は男性約20パーセントに対して女性約10パーセントです。この数字から「結婚しない男性が多い」「複数回結婚している男性がいる」ということがわかりますね。上記の「気遣いのできる」「コミュニケーション能力の高い」男性がそれですね。気遣いやコミュニケーション力は日常、人と接することで訓練されていくものです。

 

一方、あまり人と接する環境にない方って、多くいらっしゃいます。工場勤務だったり、配送業務だったり。そうすると、常に人と接する職業の方より、どうしても不慣れになります。この点をこばやし結婚相談所では面談を多く行うことでクリアにし、コミュニケーション力を高めてもらっています。今後、お見合いで女性に受け入れてもらうために大切なことです。まずはご自身の現状を客観的に把握し、改善していくことが大切です。同じ方法でむやみに押し続けても、努力とかけたお金は裏切ります。(ダルビッシュ選手も「練習は嘘をつかないって言葉があるけど、頭を使って練習しないと普通に嘘つくよ。」って言ってました。)

 

(…次回、「婚活トモダチ」の近況について!)

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちらから 

 


新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。みなさまの今後の結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

◆Sさん35歳女性(新潟市東区在住)の場合①

 DSC_0972.JPG

小林:今回は「婚活どんなだったの!?」という話を中心にインタビューさせていただきます。まずはSさんのプロフィールからお願いします。

 

Sさん:うふふ。なんか照れますね(笑) 簡単な経歴ですね。高校まで新潟で、そのあと東京の専門学校に行って、就職して、辞めて25歳で新潟に戻ってきました。それから新潟で就職して、結婚を視野に入れつつ遊んだ(笑)という感じです。去年、2年付き合った彼と結婚しました。ちなみに仕事は辞めてません。

 

小林:旦那様とはどうやって出会ったのですか?

 

Sさん:これがお見合いなんです。親の知人からの紹介です。30歳前後の時はけっこうお見合いの話をあちこちからいただいていて、実は付き合っている人がいたんですが、その人はあんまり結婚に乗り気じゃなかったみたいで、というか付き合っているのかもよくわからないくらい曖昧な関係だったので、いただいたお見合い話は全部受けてました(笑)なんか、今振り返ると「結婚したい!」ってのが前面に出てるよね(笑)その時は「わたし婚活頑張ってる!」って気持ちじゃなかったんだけどなぁ。。。ちなみにその時はレストランで食事会でした。朱鷺メッセのレストラン。あ、でも最初は緊張しましたよ。食事って意外とハードル高いですよね。食べ方とか、マナーとか。魚好きですけど、綺麗に食べる自信ないので「魚出てくるなー」って心の中で叫んでいました。まあ、結果、肉か魚か選べるコースでしたけど。あれ、話逸れましたね!

 

小林:いえいえ、大丈夫です。参考になります。

 

 

 マシンガントークで始まったSさんへのインタビュー!全3回でお伝えしていきます。サバサバしていてパワフルでいつも元気なSさんの婚活体験談、とっても勉強になりました。※20代後半で「結婚を視野に入れつつ遊んだ」ってのが気になるところですね(笑)ここも突っ込んで聞いております!

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちらから


新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。みなさまの今後の結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

◆Kさん32歳男性(新潟市中央区在住)の場合③

 

教会.JPG 

(…続き)

 

小林:それで結婚式などは滞りなく行われたんですね?

Kさん:はい。まあ一応。

小林:え、一応?

Kさん:うーん、まあ結婚式とかって巻き込む人の数が違うじゃないですか。日常じゃないでしょ。お互いの両親、親戚、友達…始めは一緒に考えて進めてたんですけど、ちょっとしたことでぶつかるんですよね。お互い初めてのことだし。それでだんだん妻がイラついてきているのがわかったんで、はっきり言いました「結婚式はきみが主役だから、きみのやりたいようにやろう。僕サポートするから。」って主導権を渡しました。

小林:え、すごいですね、その判断!

Kさん:僕、特にこだわり無かったんで。あと、雑誌に書いてあったんで。笑

小林:はい、正直インタビューのはじめは「なんか頼りないなぁ。。。」とか思ってました。ごめんなさい。

Kさん:笑。僕やっぱり最後は男が責任を取るべきだって思ってるんで、こんなこと言うと男女差別とか言われるかもしれませんが、そういうことじゃなくて、男も女も男女同権ばっかり叫んでると、家庭はなかなかうまくいかないんじゃないかなぁ。体力とか全然違うし。お互い足りない部分を補い合って「家族」を作ってるって実感しています。

小林:おぉ…。(急に頼もしい…)な、なにかあったんですか…?

Kさん:いや、あの、子供が生まれるもので…ちょっと熱が入ってしまいました。ごめんなさい。笑

小林:あら!おめでとうございます。なんか今日はとてもいい話が聞けました。最後に婚活中の方に一言お願いします。

Kさん:そんな、偉そうなことは…。あ、でも一緒にいて疲れない人がいれば、その人!

小林:ありがとうございました。

 

 

 

というわけで、Kさんへのインタビューはおしましです。

今回のまとめです。 (といってもほとんどKさんが解決策を提示してくれました。)

 ◆ポイント

①結婚式の準備ではたいてい一度はもめる。

 

◆解決策 

①どちらかがサポート役に回る。サポートすると決めたらしっかりサポートする。(言われたことをするだけがサポートではありません。この辺も具体的にご面談時にお伝えします。)

 

 

あたらしい家族が増えるKさん、とっても頼もしかったです。独身の頃のぐうたらした男性(失礼!)が、結婚という責任と覚悟をもって顔つきも変わっていました。いつまでもお幸せに!

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちらから


新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。みなさまの今後の結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

◆Kさん32歳男性(新潟市中央区在住)の場合②

 

DSC_0947_2.jpg

(…続き)

 

小林:プロポーズはどちらから?

 

Kさん:一応、僕からしました。

 

小林:一応?

 

Kさん:はい。恥ずかしながら、別れ話を切り出されまして…。僕はずっとこのままでもいいかな。というか何も考えていなかったんですね、ほんと。このままずっと妻がそばにいると思っていましたので、特に「結婚」しなくてもいいかな、なんて思っていました。ところが、ある日妻から「もうこれ以上待たないよ。他の人のところに行くからね。」と言われました。寝耳に水っていうんですか。ハッとしましたね。それでカレンダーを持ち出して慌てて向こうの両親に挨拶に行く日をその場で決めました。笑

 

小林:奥様も相当な覚悟だったんでしょうね!痺れを切らした感じでしょうか。それで結婚の段取りが進むわけですね。どちらが主導権を握っているのですか?

 

Kさん:妻です。僕は言われたことをやるのみでした。まあ、今でもそうですが…。けっこう貯金もしていたみたいで、しっかりしてます。はい。笑

 

ストップ!ストップ!ちょっとくらくらしてきました。

一旦切り上げます。

なんだか新潟男子(※1)の特徴がにじみ出ていますね。

それではおさらいしてみましょう。

 

 ◆ポイント

①新潟県の男性は恋愛に関して押しが弱く、決断力に欠ける人がわりと多い。

 

②そんな男性から頼りにされることに生きがいを感じる女性がわりと多い。

 

 

◆解決策 

①女性向けアドバイス:新潟男子の特徴あふれる男性と結婚したいなら、彼のプライドを立てて一歩下がり新潟女子の特徴(包容力と辛抱強さ)を活かして「もう君しかいない」と思わせることです。結婚に向けての段取りもまるで男性が決断しているかのように、選択肢を準備してあげることが必要です。例えば「挨拶の日取りだけど、◯月◯日かその翌週か、どっちがいいかしら」というように最終判断(簡単な2択がベスト)を男性に委ねるように話を持っていく必要があります。

 

②男性向けアドバイス:昨今、女性も外(県外/海外)に出る時代です。いろんな男性を見てきた女性も多いでしょう。 Kさんの奥様のような女性ばかりではありません。いくら「越後女」を誇りに思っていても、決断力と押しの強さを持った男性が「そんなに頑張らなくてもいいんだよ」などと言ってしまえば、コロリとそちらの男性に気持ちが傾いてしまします。これはピンチです。でもチャンスです。そういう男性になれば良いのです。

 

みなさまお気づきかもしれませんが、男女共ここは戦略が必要です。そのために、こばやし結婚相談所ではご希望があれば週に一回程度の無料面談を行っております。

  

※1 新潟男子(新潟では男性と女性にかなりの違いがあります。新潟の女性は情に厚くて心優しく、尚且つ辛抱強く、包容力もあって世話好き。「女房にするなら越後女」と言われるように一歩下がって男性に尽くす働き者なのでモテるのですが、それに対して男性はそんな女性の包容力に全面的に依存している状態です。新潟男性が世間から良い評判を得られるのも、女性の支えあってのことで、実は昔から「新潟では杉と男は育たない」といういわれがあるほど女性の支えなしにはやっていけません。男性は優柔不断で二股や浮気に走ることもしばしばですから、浮気をしない一途な男性からの誠実なアプローチに、新潟女性は弱いかもしれません。新潟県人同士の場合、優柔不断な男性に代わって女性からアプローチすることも少なくないようです。また男女共にお酒好きであるため、仲良くなるためにはお酒の席を設けるのが良いでしょう。

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちらから


1