2018.08.19 Sunday

結婚せきらら白書

2018-07-30 10:13:00

【結婚せきらら白書】42歳女性( 阿賀野市在住)の場合⑤

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

 

◆Mさん42歳女性(阿賀野市在住)の場合⑤

DSC_0914.jpg

 今回は40歳を迎え婚活を始め、1年で結婚を決めた女性(Mさん)からお話を伺いました。

お相手は7歳年上の男性です。2人は一度交際を破談にしていますが、しばらくしてもう一度Mさんから交際を申し込み、めでたくゴールインしました。

 

 (からの続き)

小林:だって、他の男性を紹介してほしいとか、そういうことはおっしゃってなかったですし…。

 

Mさん:まあ、確かに。彼に私の気持ちを知ってほしかったっていうのが一番かも(笑)

 

小林:大事なことですよね。それって直接伝えると空気が悪くなることもありますし、そういう時こそ私を使ってほしいです。それにしても「交際終了と伝えてほしい」って勝負師ですね(笑)

 

Mさん:その時は、ダメなら仕方ないやって気持ちでした。

 

小林:でも案の定、彼にはとても効いたようで、落ち込んでいましたよ。彼はあまり交際の状況など相談してくれない方ですから。その時面談して初めていろいろ交際の内容を教えてもらったという感じです。

 

Mさん:男の人って自分のことあんまり人に相談しないですよね。

 

小林:そうですね、恥ずかしっていうのと、なんて言っていいかわからないってのがあるみたいです。気持ちはわかりますが、でも交際中の時こそ相談してほしいです。彼はもう少しで本当に破談になるところでしたし。

 

 

 

(続く)

 

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら