結婚せきらら白書

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。みなさまの今後の結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

◆Yさん67歳男性(新潟市江南区在住)の場合①

 

家族.jpg

 Yさんは新潟生まれ新潟育ちで、5回のお見合いの末現在の奥様とご結婚2人のお子様を育てあげ、今は悠々自適の生活をしています。

 

 

小林:Yさん、こんにちは!お久しぶりです。

 

Yさん: お久しぶりですね。

 

小林:今日はYさんの「婚活」についてお伺いしたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

Yさん:はいはい。お見合いの失敗談ね。笑

 

小林:5回目のお見合いで、今の奥様と出会われたのですよね。

 

Yさん:もう40年も前の話ですがね。当時はお見合い結婚って普通ですからね。特に私は長男ですから親がよく話を持ってきました。私も結婚については親が紹介した人とするものだと思っていましたけどね。今思えば兄弟はみんな恋愛結婚ですね。笑

 

小林:やはり家を継ぐという意味でご両親が一生懸命だったのですかね。今でも同じようなケースはたくさんあります。

 

Yさん:私はサラリーマンでしたが、「家を継ぐ」という感覚は確かに今の人と比べると強かったですね。それが当たり前というか。

 

小林: なるほど。でもそうやってある程度「決まり」みたいなものがあった方が話が早いですよね。今みたいに選択肢がありすぎると、逆に自由過ぎてがんじがらめになっているという方がけっこういらっしゃいます。

 

Yさん:そうだよね。会社の若い子たち全然結婚しないもんね。いい奴ばっかりなんだよ。顔もそこそこだし、そこそこ稼ぐし。「一人が気ままでいい」なんて言ってるけど、本当かね。

 

小林:そうですよね。きっとYさんの若い時と今ではコミュニケーションの取り方が変わってきていますよね。でも本質は変わらないと私は思うのですが。要は「自分のことを好いてくれて、結婚したいと言ってくれる美人が現れれば結婚したい」という。責任を負いたくない人が増えたというか…話が逸れましたね。笑

 

Yさん:や、その通りだね。わたしらの頃は元気だったよね。当たって砕けろというか。今で言ったらストーカーなんて言われそうだけど、好きな女性の職場で待ち伏せしたりとか、みんなしてたよね。それがいつしか純愛でなくなったのかいろんな事件があったりして…

 

小林:そうですよね。そうすると「嫌われたくない」という思いから消極的になるのもわかりますよね…

 

Yさん:まあね。今の人たちは時代に合わせていかないといけないもんな。

 

 

***************************************

 

Yさんとのお話は2時間の長丁場になりました。お見合い結婚の先輩に学ぶことは多いです!次回もYさんとのお話の続きをお伝えします。

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちらから