結婚せきらら白書

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女/しようと考えている男女に結婚の実態をインタビューし、「どんな婚活だったの?」「本当のところ結婚ってどうなの!?」という疑問をぶつけます。みなさまの今後の結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

◆Tさん64歳女性(新潟市江南区在住)の場合①

 

 ni.jpg

こんにちはー!

今回は、結婚生活40年の大ベテラン(!)Tさんにお話をお伺いしました。Tさんは大学卒業後、就職した先で旦那様に出会い、結婚。2人のお子様を育て定年まで勤め上げた鑑のような働く女性です。(すでに2人のおばあちゃまでもあります。)目からウロコのお言葉をたくさんいただき、小林も大変勉強になりました!

 

小林:今日はお時間いただきありがとうございます。結婚生活についていろいろとお話をお伺いしたいと思います。どうぞよろしくお願いします。

 

Tさん:うふふ。なんだかお久しぶりね。こちらこそよろしくお願いします。

 

小林:Tさんはたしか24歳の時ご結婚でしたよね。今の感覚でいうと「早い」という感じがしますが、当時はどんな状況だったのですか?

 

Tさん:当時は24歳で結婚って特に早くないですよ。ちょうど適齢だったかな。遅いくらい?旦那さんが9歳年上なのよ。私が大学を出て就職した先の別部署の上司でした。職場に内緒でこっそり2年交際して結婚という流れです。

 

小林:へぇ。じゃあ就職してすぐ見初められたのですね!

 

Tさん:いやいや…。ウブだったんでしょうね。ほとんど男性と交際したこともなかったので、向こうは面白がってたのかも(笑)

 

小林:でもじゃあいきなり9歳年上の人と交際っていろいろギャップがあって大変そうですけど…。

 

Tさん:そうねぇ。でもほら「普通」がわからないから(笑)

 

小林:旦那様が全て基準になったのですね。Tさんって根はとても忍耐強く、その場を上手に盛り上げてさらりと切りかわすスマートな女性というイメージがあります。交際当時どんなだったんですか?全て旦那様に合わせて我慢したのですか?旦那様と喧嘩とかはしませんでした?

 

Tさん:いやいや。良く言い過ぎです(笑)そうねぇ。はじめは我慢してなかったといったら嘘になるかな。でもそれが「普通」。仕事でも何でも自己主張だけでは上手くいかないんだなっていうのは結婚前に身をもって勉強させてもらいました(笑)20代の頃は自己主張と我慢のバランスが分からなくて主人にも当たったりしました。今思えば彼の器が大きかったというか鈍感だったというか…。ようやくだんだん、自己主張と引き際のバランスを取れるようになった…ような…まだまだ勉強中ですかね!

 

 

****************************************

 

Tさんへのインタビューは2回に分けてお送りします。とてもご謙遜しておりますがTさんは大変クレバーな女性です。物腰が柔らかく芯がしっかりしていて目標を確実に現実にしていく、そんな女性です。そして、やはり今回も「受け入れる」ことの大切さがキーポイントになってきそうです!

  

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

こばやし結婚相談所

メールはこちらから