結婚せきらら白書

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。みなさまの今後の結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

◆Kさん32歳男性(新潟市中央区在住)の場合②

 

DSC_0947_2.jpg

(…続き)

 

小林:プロポーズはどちらから?

 

Kさん:一応、僕からしました。

 

小林:一応?

 

Kさん:はい。恥ずかしながら、別れ話を切り出されまして…。僕はずっとこのままでもいいかな。というか何も考えていなかったんですね、ほんと。このままずっと妻がそばにいると思っていましたので、特に「結婚」しなくてもいいかな、なんて思っていました。ところが、ある日妻から「もうこれ以上待たないよ。他の人のところに行くからね。」と言われました。寝耳に水っていうんですか。ハッとしましたね。それでカレンダーを持ち出して慌てて向こうの両親に挨拶に行く日をその場で決めました。笑

 

小林:奥様も相当な覚悟だったんでしょうね!痺れを切らした感じでしょうか。それで結婚の段取りが進むわけですね。どちらが主導権を握っているのですか?

 

Kさん:妻です。僕は言われたことをやるのみでした。まあ、今でもそうですが…。けっこう貯金もしていたみたいで、しっかりしてます。はい。笑

 

ストップ!ストップ!ちょっとくらくらしてきました。

一旦切り上げます。

なんだか新潟男子(※1)の特徴がにじみ出ていますね。

それではおさらいしてみましょう。

 

 ◆ポイント

①新潟県の男性は恋愛に関して押しが弱く、決断力に欠ける人がわりと多い。

 

②そんな男性から頼りにされることに生きがいを感じる女性がわりと多い。

 

 

◆解決策 

①女性向けアドバイス:新潟男子の特徴あふれる男性と結婚したいなら、彼のプライドを立てて一歩下がり新潟女子の特徴(包容力と辛抱強さ)を活かして「もう君しかいない」と思わせることです。結婚に向けての段取りもまるで男性が決断しているかのように、選択肢を準備してあげることが必要です。例えば「挨拶の日取りだけど、◯月◯日かその翌週か、どっちがいいかしら」というように最終判断(簡単な2択がベスト)を男性に委ねるように話を持っていく必要があります。

 

②男性向けアドバイス:昨今、女性も外(県外/海外)に出る時代です。いろんな男性を見てきた女性も多いでしょう。 Kさんの奥様のような女性ばかりではありません。いくら「越後女」を誇りに思っていても、決断力と押しの強さを持った男性が「そんなに頑張らなくてもいいんだよ」などと言ってしまえば、コロリとそちらの男性に気持ちが傾いてしまします。これはピンチです。でもチャンスです。そういう男性になれば良いのです。

 

みなさまお気づきかもしれませんが、男女共ここは戦略が必要です。そのために、こばやし結婚相談所ではご希望があれば週に一回程度の無料面談を行っております。

  

※1 新潟男子(新潟では男性と女性にかなりの違いがあります。新潟の女性は情に厚くて心優しく、尚且つ辛抱強く、包容力もあって世話好き。「女房にするなら越後女」と言われるように一歩下がって男性に尽くす働き者なのでモテるのですが、それに対して男性はそんな女性の包容力に全面的に依存している状態です。新潟男性が世間から良い評判を得られるのも、女性の支えあってのことで、実は昔から「新潟では杉と男は育たない」といういわれがあるほど女性の支えなしにはやっていけません。男性は優柔不断で二股や浮気に走ることもしばしばですから、浮気をしない一途な男性からの誠実なアプローチに、新潟女性は弱いかもしれません。新潟県人同士の場合、優柔不断な男性に代わって女性からアプローチすることも少なくないようです。また男女共にお酒好きであるため、仲良くなるためにはお酒の席を設けるのが良いでしょう。

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちらから