2018.09.25 Tuesday

結婚せきらら白書

2018-08-13 10:11:00

【結婚せきらら白書】42歳女性( 阿賀野市在住)の場合⑦

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

 

◆Mさん42歳女性(阿賀野市在住)の場合⑦

DSC_0914.jpg

 今回は40歳を迎え婚活を始め、1年で結婚を決めた女性(Mさん)からお話を伺いました。

お相手は7歳年上の男性です。2人は一度交際を破談にしていますが、しばらくしてもう一度Mさんから交際を申し込み、めでたくゴールインしました。

 

 (からの続き)

小林:それで、Mさんから交際申し込みという形で…

 

Mさん:そうですね、彼がいろいろ考えてくれているというのを小林さんから聞いて、それなら、と。

 

小林:いかがですか、変わりましたか?

 

Mさん:はい(笑)誓約書みたいなのを書いてくれたんです。内容は恥ずかしいので言わないですが(笑)

 

小林:え!そうだったんですね!それは初耳です(笑)何か一つ差し支えのないものを教えてください。

 

Mさん:えー。何があっても君の味方でいます。とか(笑)

 

小林:あー、それは嬉しいですね。

 

Mさん:そのほかにももっと具体的なのがたくさん書いてありましたけど…

 

小林:それが一番印象に残っているという感じですか?

 

Mさん:そうですね、嬉しかったです。

 

小林:それで、今は無事にご両親との同居生活を送られていて…

 

Mさん:はい。別に同居が嫌ってわけではなくて、何にも気を使ってもらえないまま結婚生活がスタートするのが嫌で…

 

小林:わかりますよ、それ。

 

Mさん:その点を結婚前にしっかり彼にわかってもらえたので、安心して踏み切れました。

 

小林:これから新居もできますし、ますます楽しい結婚生活になりそうですね!

 

Mさん:はい。いろいろありがとうございました!

 

小林:こちらこそ、今日はありがとうございました。

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

2018-08-06 20:45:00

【結婚せきらら白書】42歳女性( 阿賀野市在住)の場合⑥

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

 

◆Mさん42歳女性(阿賀野市在住)の場合⑥

DSC_0914.jpg

 今回は40歳を迎え婚活を始め、1年で結婚を決めた女性(Mさん)からお話を伺いました。

お相手は7歳年上の男性です。2人は一度交際を破談にしていますが、しばらくしてもう一度Mさんから交際を申し込み、めでたくゴールインしました。

 

 (からの続き)

小林:それでひとしきり大体の世間の流れを彼にお知らせしました。世間の流れというか女性の気持ちですね(笑)

 

Mさん:なんか、小林さんに怒られたって言ってました(笑)

 

小林:今は、いきなり男性の実家に同居する女性はほぼいませんということや、せめて結婚指輪は買いましょうとか、結婚式は挙げたいものですよ、とか、せめて写真だけは残しましょう。とか、そういうことです。そいういうことを男性が気遣ってリードするのですよ。と。

 

Mさん:ありがとうございます(笑)

 

小林:でも、本当にまったく鈍感というか、そういう事をまったく考えていなかったみたいです。

 

Mさん:そのあと、お義父さん、お義母さんにも怒られたみたいで(笑)すごく反省してくれたみたいです。

 

小林:それで、彼はやっぱりMさんとやり直したいという気持ちが強かったようで、どうしたらいいか、と相談に来られました。Mさんの気持ちもだいたい知っていましたので、「じゃあもう一回、Mさんに聞いてみますね」と保留にして…

 

Mさん:はい、連絡を頂いた時は素直に嬉しかったです(笑)

 

 

 

(続く)

 

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

2018-07-30 10:13:00

【結婚せきらら白書】42歳女性( 阿賀野市在住)の場合⑤

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

 

◆Mさん42歳女性(阿賀野市在住)の場合⑤

DSC_0914.jpg

 今回は40歳を迎え婚活を始め、1年で結婚を決めた女性(Mさん)からお話を伺いました。

お相手は7歳年上の男性です。2人は一度交際を破談にしていますが、しばらくしてもう一度Mさんから交際を申し込み、めでたくゴールインしました。

 

 (からの続き)

小林:だって、他の男性を紹介してほしいとか、そういうことはおっしゃってなかったですし…。

 

Mさん:まあ、確かに。彼に私の気持ちを知ってほしかったっていうのが一番かも(笑)

 

小林:大事なことですよね。それって直接伝えると空気が悪くなることもありますし、そういう時こそ私を使ってほしいです。それにしても「交際終了と伝えてほしい」って勝負師ですね(笑)

 

Mさん:その時は、ダメなら仕方ないやって気持ちでした。

 

小林:でも案の定、彼にはとても効いたようで、落ち込んでいましたよ。彼はあまり交際の状況など相談してくれない方ですから。その時面談して初めていろいろ交際の内容を教えてもらったという感じです。

 

Mさん:男の人って自分のことあんまり人に相談しないですよね。

 

小林:そうですね、恥ずかしっていうのと、なんて言っていいかわからないってのがあるみたいです。気持ちはわかりますが、でも交際中の時こそ相談してほしいです。彼はもう少しで本当に破談になるところでしたし。

 

 

 

(続く)

 

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

2018-07-23 09:48:00

【結婚せきらら白書】42歳女性( 阿賀野市在住)の場合④

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

 

◆Mさん42歳女性(阿賀野市在住)の場合④

DSC_0914.jpg

 今回は40歳を迎え婚活を始め、1年で結婚を決めた女性(Mさん)からお話を伺いました。

お相手は7歳年上の男性です。2人は一度交際を破談にしていますが、しばらくしてもう一度Mさんから交際を申し込み、めでたくゴールインしました。

 

 (からの続き)

Mさん:そもそもその時点ではまだプロポーズとかされてませんからね!

 

小林:でも彼の中ではもうMさんと結婚だ!ってなってましたよね。

 

Mさん:その辺がね、舞い上がっちゃっていてね…。今となっては面白いですけど(笑)

 

小林:でも、直接彼に不満をぶちまけずに、こちらに相談してくれたのはよかったと思います!2人で思っていることを言い合ってしまっていたら、修復できなかったかもしれませんよ。

 

Mさん:はい。私も、言いたいことを言いすぎて傷つけあって結局別れるっていうのは過去に経験済みなので、それは絶対嫌だったんです。なので、小林さんを介して交際終了の連絡をしてもらおうと…。

 

小林:でも、それって彼と本当は別れたくないって事だったんですよね?

 

Mさん:うーん…。そんなに深くは考えてないですよ。うーん…。本能的に?必要だって思ってたのかな(笑)わかんないです。

 

 

 

(続く)

 

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

2018-07-16 13:23:00

【結婚せきらら白書】42歳女性( 阿賀野市在住)の場合③

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

 

◆Mさん42歳女性(阿賀野市在住)の場合③

DSC_0914.jpg

 今回は40歳を迎え婚活を始め、1年で結婚を決めた女性(Mさん)からお話を伺いました。

お相手は7歳年上の男性です。2人は一度交際を破談にしていますが、しばらくしてもう一度Mさんから交際を申し込み、めでたくゴールインしました。

 

 (からの続き)

Mさん:けっこう、彼は合理的?っていうんですか?そんな感じで、物事をパッパッパって決めちゃうんです。当時はそういうのにちょっと戸惑うっていうか、気持ちがついていかないことがあって…今はもう慣れましたけど(笑)

 

小林:それは彼も一度交際を断られた時、すごく反省していましたよ(笑)

 

Mさん:あー、小林さんに相談してたんですよね。そうだそうだ(笑)まあ、とにかく彼の頭の中では結婚に向けて段取りが組まれていたみたいで…

 

小林:それがあまりにも、ね。男性本位というか、自分勝手というか(笑)

 

Mさん:そうなんです。初めは「同居無し」っていう条件だったんですけど、「お金もったいないし、うちの実家で一緒に住もう」みたいな流れになっていて、結婚式も挙げなくていいよね?とか…

 

小林:なんかね、しみったれてる(笑)

 

Mさん:そうですよね!!!

 

小林:そういうところが嫌になっちゃったんですね。

 

Mさん:そうなんです。これがこの先ずっと続くのかと思ったら、早いうちに別れた方がいいと思いました。

 

 

(続く)

 

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...