2018.09.26 Wednesday

結婚せきらら白書

2017-12-04 16:43:00

【結婚せきらら白書】51歳女性(三条市)の場合③

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

 

◆Fさん51歳女性(三条市)の場合③

DSC_0626.jpg

 

 

 今回は一度離婚歴があり、成人したお子さんが二人いらっしゃる女性です。子育てが終わり、第二の人生を前向きに考えるため入会、一年間の活動で結婚を決め退会なさいました。

 

からの続き)

 

小林:お断りの連絡を受けてからすぐに面談したんですよね。

 

Fさん:はい、お見合いしてみて「やっぱり遠くにはいけない」ってのを実感しました。あと、神奈川の男性は年下だったのですが、なんとなく頼りなくて、やっぱり私は年上の人がいいんだな、って思いました。

 

小林:ご主人様は9歳年上ですものね。

 

Fさん:はい。上すぎるかなとか思いましたが、会っていくうちに、なんかね、しっくりきました。全然、はじめに小林さんに伝えた「細身の感じの男性」にはほど遠いですけど。熊みたいじゃない?

 

小林:(笑)いやいや、「包み込まれる感じがいい」っておっしゃってたじゃないですか。

 

Fさん:まあね、そうですね。結局、いろいろ思い描いた「第二の人生」とは違う感じになりましたけど…(笑)

 

小林:経済的にはいかがですか?

 

Fさん:それも、はじめは年収600万円以上ってお伝えしましたけど、彼といろいろ話していくうちに、借金もないし、2人で生活するのにそんなにいらないよなぁって気になって(笑)

 

小林:惚れちゃったんですね(笑)でも実際Fさんも働いていらっしゃいますし、贅沢しなければそんなにいらないんですよね。

 

Fさん: そう、そこにこだわるより、一緒にいて安心するかどうかという方が大事なんだなって…。

 

小林:そうなんですよね、初めは「結婚相談所」ってよくわからないから構えちゃって、いろいろ条件をつけたくなるんですが、結局、人対人ですから。そういうのが一番になるんですよね。今日はいいお話ありがとうございました。

 

 

**************************************

 

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちら