結婚せきらら白書

新潟でご結婚をお考えのみなさまへ 【結婚せきらら白書】では新潟で結婚した男女に結婚の実態をインタビューし、「本当のところ結婚ってどうなの!?」「どんな婚活だったの?」という疑問をぶつけます。また、現在婚活真っ只中の会員さんの「結婚したい!」というお悩みも掲載しています。みなさまの今後の婚活・結婚生活をより充実したものにするために問題点を洗い出し、解決へのヒントをご提案しています。

 

◆Yさん44歳男性(新潟市)の場合①

 

DSC_0014.jpg

 ※冬を越えて育つ作物は秋に種を蒔きます。新潟の雪の下、忍耐強く、すくすくと育ってほしいです!

 

今回は新潟市内在住、結婚生活2年目のYさんにお話をお伺いします。Yさんは結婚相手に望む条件が多く、お見合いでも苦戦しましたが、8回目のお見合いで結婚を決めた方です。

 

小林:Yさんこんにちは!

 

Yさん:こんにちは。

 

小林:今日はYさんの婚活についてお話をお伺いしたいと思います。

 

Yさん:どうぞどうぞ。結構長い間婚活しましたからね。笑

 

小林:ありがとうございます。お見合い8回目で決められたんですよね。当時の状況や、心境の変化などをお伺いできたらと思います。今、会員さんでも「条件を変えられない」という方が多いです。

 

 

Yさん:なるほどね。自分もそうでした。目的がね、何かをしっかりと定めると結婚にたどり着きやすいのかな。

 

小林:なるほど。

 

Yさん:まあ、自分もなんども失敗しましたけど、最終的には「これからの人生を一人で過ごすのは嫌だ」というのが強かったかな。はじめは理想が高くてそれこそ、今考えたら「無理だろ」って女性に申し込みしまくりましたからね。それで、いい返事がもらえずに、自暴自棄になりましたし…。でもそこで「あぁ、このレベルの人からは受け入れられないんだ…」という諦めというか、気づきというか、そういうポジティブな意味でね、自分も変わらなきゃって気持ちになりましたね。

 

小林:おしゃれに気を使ったり、清潔を心がけたり…とかですか?

 

Yさん:まあ、そんな感じですかね。禁煙始めたり、ランニングも始めましたよ。

 

小林: すごい!生活がガラリと変わった感じですか?

 

Yさん:そうですね、それにつられて性格も変わっていっていたのかも。

 

小林:それって、お見合いに失敗し続けて気がついたという感じですか?

 

Yさん:そうですね、女性に受け入れてもらえない現実を受け入れたという感じでしょうか。笑

 

小林:プライドが邪魔をしたりということは…?

 

Yさん:その通り。なかなかね、40にもなるとね、受け入れられないんだけど、「だから独身なんだろ!」と強く自分に言い聞かせましたよ。笑

 

 

 

 **************************************

  

 

度重なるお見合いの失敗からいろいろな「気づき」を得て自分を変えていったYさん。次回は結婚に至るまでをお送りします!

 

 

新潟での 婚活・お見合いのご相談は

婚活サポートセンター

こばやし結婚相談所

メールはこちらから